【Modeling「モデル」カテゴリ】PTC Creo Elements/Direct Modeling Express コマンドリファレンス

当ページには、記事内容に則した商品にリンクするアフィリエイト広告が含まれています。
3D-DIYでススメ!のYoutubeチャンネルへのリンク
 「Modeling」タブー「モデル」カテゴリ 

この「モデル」カテゴリのコマンドには、 一部に解説  があります。解説があるコマンドには、そのコマンドアイコンにむしめがねマークがついています。
むしめがねマークが無いコマンド順次解説ページを作成していますので、このコマンドの解説を先に知りたいなど、ご要望等があればコメントでご連絡ください。

この記事のもくじ

プル

プルと書かれた下の黒い三角形を押すと、コマンドメニューが開きます。プルと書かれた文字の上のアイコンは、最後に選択したコマンドによって変化します。(画面解像度が低いディスプレイだと、小さなアイコンになり、黒い三角の位置が変わります。)

注: 画面の解像度によってアイコンの大きさが変わります

下記のメニューが開きます。

 コマンド解説ページアイコン をクリックしてください。 

コマンド表示名コマンドの説明アイコン
プル直線(プロファイル) 距離を直接指定してプロファイルを直線方向に押し出します
プル回転(プロファイル)プロファイルを回転させて押し出します
プル直線(稜線)特定の方向の2Dおよび3D稜線のプル直線。
プル回転(稜線)軸の回りの2Dおよび3D稜線のプル回転。

コマンド表示名コマンド説明は、このソフトウエアで表示される文言をそのまま記載しています。

削除

削除と書かれた右の黒い三角形を押すと、コマンドメニューが開きます。削除と書かれた文字の左のアイコンは、最後に選択したコマンドによって変化します。(画面解像度が低いディスプレイだと、小さなアイコンになり、黒い三角の位置が変わります。)

注: 画面の解像度によってアイコンの大きさが変わります

下記のメニューが開きます。

 各コマンド解説ページアイコン をクリックしてください。 

コマンド表示名コマンドの説明アイコン
パンチ プロファイルの内側から形状を削除します
スタンプ プロファイルの外側から形状を削除します
切断 ツールを直接指定して交差を作成します

コマンド表示名コマンド説明は、このソフトウエアで表示される文言をそのまま記載しています。

ブール

ブールと書かれた右の黒い三角形を押すと、コマンドメニューが開きます。ブールと書かれた文字の左のアイコンは、最後に選択したコマンドによって変化します。(画面解像度が低いディスプレイだと、小さなアイコンになり、黒い三角の位置が変わります。)

注: 画面の解像度によってアイコンの大きさが変わります

下記のメニューが開きます。

 コマンド解説ページアイコン をクリックしてください。 

コマンド表示名コマンドの説明アイコン
ツールを直接指定して和を作成します
1つのパーツから1つ以上のツールのブール差を作成します
交差ツールを直接指定して交差を作成します
反射コピーパーツを作成し、コピーを対称変換しパーツを統合します

コマンド表示名コマンド説明は、このソフトウエアで表示される文言をそのまま記載しています。

インプリント

インプリントと書かれた右の黒い三角形を押すと、コマンドメニューが開きます。インプリントと書かれた文字の左のアイコンは、最後に選択したコマンドによって変化します。(画面解像度が低いディスプレイだと、小さなアイコンになり、黒い三角の位置が変わります。)

注: 画面の解像度によってアイコンの大きさが変わります

下記のメニューが開きます。

 コマンド解説ページアイコン をクリックしてください。 

コマンド表示名コマンドの説明アイコン
投影インプリントパーツにプロファイルをインプリントします
直線インプリント パーツに線をインプリントします
交差インプリント パーツに交差線をインプリントします
シルエットインプリント パーツにシルエットをインプリントします

コマンド表示名コマンド説明は、このソフトウエアで表示される文言をそのまま記載しています。

シェル

シェルと書かれた右の黒い三角形を押すと、コマンドメニューが開きます。シェルと書かれた文字の左のアイコンは、最後に選択したコマンドによって変化します。(画面解像度が低いディスプレイだと、小さなアイコンになり、黒い三角の位置が変わります。)

注: 画面の解像度によってアイコンの大きさが変わります

下記のメニューが開きます。

 コマンド解説ページアイコン をクリックしてください。 

コマンド表示名コマンドの説明アイコン
パーツをシェル化薄い壁のパーツを残してパーツの内部から形状を削除します
面をシェル化シェル化したパーツで、シェル化されていない領域の内部から形状を削除します

コマンド表示名コマンド説明は、このソフトウエアで表示される文言をそのまま記載しています。

位置

位置と書かれた右の黒い三角形を押すと、コマンドメニューが開きます。位置と書かれた文字の左のアイコンは、最後に選択したコマンドによって変化します。

下記のメニューが開きます。

 コマンド解説ページアイコン をクリックしてください。 

コマンド表示名コマンドの説明アイコン
位置パーツ、アセンブリまたはワークプレーンをダイナミックに位置決めします
2点による位置決め‘2点’によりパーツ、アセンブリ、またはワークプレーンを連続して位置決めします
整列による位置決め ‘整列’によりパーツ、アセンブリ、またはワークプレーンを連続して位置決めします
軸合わせによる位置決め ‘軸合わせ’によりパーツ、アセンブリ、またはワークプレーンを連続して位置決めします
一致による位置決め ‘一致’によりパーツ、アセンブリ、またはワークプレーンを連続して位置決めします
平行による位置決め ‘平行’によりパーツ、アセンブリ、またはワークプレーンを連続して位置決めします

コマンド表示名コマンド説明は、このソフトウエアで表示される文言をそのまま記載しています。

その他:基本ロフト

その他と書かれた右の黒い三角形を押すと、コマンドメニューが開きます。

下記のメニューが開きます。ここでは「基本ロフト」を紹介します。

 コマンド解説ページアイコン をクリックしてください。 

コマンド表示名コマンドの説明アイコン
マッチライン作成ロフトのためのマッチラインを作成します
ロフト追加ロフトを使用してパーツに形状を追加します
パーツへロフトパーツへのロフトを使用してパーツに形状を追加します
ロフト削除ロフトを使用してパーツから形状を削除します
マッチラインツイークマッチラインをツイークします。
マッチライン回転マッチラインを回転します。
マッチライン削除マッチライン削除
マッチワークプレーン挿入マッチラインにワークプレーンを挿入します。
マッチワークプレーン削除マッチラインからワークプレーンを削除します。
接線追加ワークプレーンセットに接線を追加します。
接線削除ワークプレーンセットから接線を削除します。

コマンド表示名コマンド説明は、このソフトウエアで表示される文言をそのまま記載しています。

その他:基本スイープ

その他と書かれた右の黒い三角形を押すと、コマンドメニューが開きます。

下記のメニューが開きます。ここでは「基本スイープ」を紹介します。

 コマンド解説ページアイコン をクリックしてください。 

コマンド表示名コマンドの説明アイコン
パイプ追加スパインパスに沿った円をシープすることによってパイプを作成します。
パイプ削除スパインパスに沿った円をスイープすることによってソリッドから形状を削除します。
スイープ追加2Dプロファイルを任意のガイドパスに沿ってスイープしソリッドを作成またはソリッドに形状を追加します
スイープ削除2Dプロファイルを任意のガイドパスに沿ってスイープしソリッドから形状を削除します

コマンド表示名コマンド説明は、このソフトウエアで表示される文言をそのまま記載しています。

その他:スパイラル

その他と書かれた右の黒い三角形を押すと、コマンドメニューが開きます。

下記のメニューが開きます。ここでは「スパイラル」を紹介します。

 コマンド解説ページアイコン をクリックしてください。 

コマンド表示名コマンドの説明アイコン
スパイラル追加閉じた2Dプロファイルからスパイラルを作成します
スパイラル削除スパイラルを使ってパーツから形状を削除します

コマンド表示名コマンド説明は、このソフトウエアで表示される文言をそのまま記載しています。

その他:リブ

その他と書かれた右の黒い三角形を押すと、コマンドメニューが開きます。

下記のメニューが開きます。ここでは「リブ」を紹介します。

 コマンド解説ページアイコン をクリックしてください。 

コマンド表示名コマンドの説明アイコン
リブを作成平面プロファイルからリブを作成します。

コマンド表示名コマンド説明は、このソフトウエアで表示される文言をそのまま記載しています。


 コマンドリファレンス、一覧トップに戻るにはこちら。 

  • URLをコピーしました!

この記事へのコメント

コメントする

この記事のもくじ